桑名の千羽鶴を広める会/メールフォーム 桑名の千羽鶴を広める会のサイトマップ

桑名の千羽鶴を広める会ブログ
↑こちらもご覧ください。↑

桑名の千羽鶴とは?
ギャラリー

各種講習会・体験教室などの
ご依頼受付

学校の授業や親子行事などの体験教室、生涯学習講座、各種イベントなどでの講習会依頼も受け付けております。
詳しくは、お問い合わせページから、もしくはTEL.080-3627-7120までご連絡下さい。


 「桑名の千羽鶴」は、一羽の鶴さえ折れれば誰でも作ることが可能ですが、次の事項に注意がいります。

 まず、何よりの基本は「一羽の鶴が完全に折れること」です。魯縞庵義道の考案した鶴にはそれぞれ名前が付けられており、その名称は『千羽鶴折形』によると、形からくるイメージによって命名されたようです。したがって、名前と形は一致していなければならず、そのためには鶴の折り方の基本が大切といえます。

 次に、「楮(こうぞ)」「三椏(みつまた)」「雁皮(がんぴ)」を原料とする、いわゆる「和紙」を使用しなければなりません。和紙は繊維が絡み合っているので、少々無理な力を加えても切れることはなく、「桑名の千羽鶴」は、形によってはかなり無理をしなければ折れないものもあるので、上質の和紙を選ぶことが大切であると言えます。

 また、「切り残し部分はなるべく少なくする」ことは、折上がりが美しくなるコツといえます。

 そして、「折目正しく」卓上に置いてきちっと折られてきた折り紙の基本から外れ、「桑名の千羽鶴」は「手に持ったまま折る」ことが原則です。何故か?それは実際に「桑名の千羽鶴」を折ってみれば即座に理解できますので、試してみてください。


花見車を折ってみましょう!
展開図・完成写真ともクリックすると大きなサイズで確認できます。

花見車 展開図
展開図

花見車 完成写真
完成写真

  1. 上記のように図を書きます。 大きさは、比率で表示してあります。
    (参考として、花見車の場合、1の単位は6cm〜8cmを目安とします。)
  2. A・Bのように、線と線の間に空白があるところは2mm〜3mm残し、実線を切ります。
  3. 斜線部分は切り落とします。
  4. ○印に向かって三角形に折ります。
    (○印は、最初に折り重ねる方向とくちばしを表します。)
  5. 真ん中の大きな正方形(親鶴)から折りあげます。次に両端の小さい鶴2羽を折ります。
  6. 最後に○印をくちばしにします。
さあ、チャレンジしてみましょう!
(『新装版 桑名の千羽鶴』より)


桑名の千羽鶴用の和紙や本などを販売しているお店です。
桑名の千羽鶴和紙取扱所 ←こちらをクリックして下さい